誠有難く光栄にも日本創生事業開発株式会社永留君明先生に御縁をお繋ぎ頂きまして、此夏越の祓を高千穂の地にて迎えて参りました。
令和改元早々、此の国内外の大困難・混乱に立ち向かうべく国開き、国治め、国譲りの儀式を執行させて頂きました。
心をひとつにし、真の理を紐解き正しき姿を取り戻して参る所存で御座います。
西行庵円位流は全国の寺社での儀式を通じ、国家安康と世界平穏を、また自坊にては日々皆々様の御無事、を祈念し続けております。

弥栄
令和改元初花の候、深吉野にて、後醍醐帝、西行法師への献香献茶式の機会に恵まれ、西行庵円位流当主は入山して参りました。此のかけがえない御縁を御繋ぎいただきましたのが、
一般社団法人つぼみ咲くプロジェクト・永留君明先生、森日和先生御両名様でございます。
一般社団法人つぼみ咲くプロジェクト様は、『誰もがイキイキと輝き、みんなの幸せを想い行動し、愛と笑顔が溢れ「ありがとう」が飛び交う社会を目指し実現する』というビジョンのもと、ひとづくり事業、まちづくり事業、国際経済交流事業などを中心に活動展開されておられます。
特に和の為来り、祈り、伝統文化を重んじ、次世代へと受け継いでゆく為に、また、此の国難の時節には日本国を根底より建て直すべく、全国を駆け巡り御尽力され、誠に尊い活動をされておられます。  
此の度は、つぼみ咲くプロジェクト様が過去二年実現された「吉野桜中茶会」の本年のテーマが西行法師という事で、西行庵三代庵主・花輪宗恵の三十年前の弟子・宮下久子氏の御子息・宮下信顕氏の御紹介で
永留君明先生、森日和先生に御引き合わせ頂き、西行法師が狂おしく愛された花の深吉野にて献香献茶の儀を執行させて頂く事が叶いました。当庵にとって此上無く意義深く、厚く御礼申し上げます。
世は新型コロナウイルスが猛威を奮い世界中の人々が苦境に立たされ困難の真只中ではございましたが、寧ろ此の様な時こそ、神佛への祈・約束を絶対に果たさねばならないという双方の強い意志が見事合致し世界遺産南朝皇居吉水神社宮司佐藤素心様(世界平和と共存共栄を祈られておられます)、
世界遺産延喜式内大社吉野水分神社宮司廣岡瑞生様、御二方の御理解を賜り、無事遂行させて頂ける事と
相成りました。筆舌に尽くせぬ程、感謝の想いを拙文にて言上申し上げます。
儀式の為に入山しました吉野山。地元の方々も口を揃えて驚かれるほど、四月の吉野にしては冷え込み、冬服を取り出すほどでございました。然し乍ら霧立ち込める一日目の水分神社は実に幻想的で、山中腹より見上げると雲に覆われる山頂付近はまさに霊験あらたかで御座いました。
天水分大神様に御見守り頂く厳かな空気の中、西行法師座像に香と茶を手向けることができました。
その十二日の夜も耽った頃、深い眠りをも撃ち破るほどの激しい雷雨が峯を駆け昇り、その勢いたるや、桜本坊宿坊全体をも震わす、まるで龍吟のような轟が長く山を襲いました。
やがて夜が明けると、嵐は夢か幻だったかの様に、ただ静かに小雨がそぼ降るばかり。一目千本桜の山々からは雲が湧き出で、八雲立つとはまさしく此の事かと身震いする程、神々しい不思議な光景に息を飲むばかりでした。吉水神社後醍醐帝玉座神前にて四方を拝し諸明王尊に祈り螺貝の音も清々しく、無事に儀式を努めさせて頂く事が叶いました。
西行庵円位流は全国の寺社での儀式を通じ、国家安康と世界平穏を、また自坊にては日々皆々様の御無事を祈念し続けて参る所存でございます。


<特別御礼>

世界遺産南朝皇居吉水神社 佐藤素心宮司様
世界遺産延喜式内大社吉野水分神社 廣岡瑞生宮司様     
井光山五臺寺大峯山護持院櫻本坊 巽良仁御住職様
つぼみ咲くプロジェクト 永留君明先生 森日和先生 濱野夕希子様
まほろば日本 立花之則先生
株式会社和の心 葉室頼廣先生
儀式撮影 廣田勇介氏     

また、御縁ある総ての御方々様に感謝
                   
西行庵 〒606-0072 京都市東山区鷲尾町524(円山音楽堂南) TEL.FAX. 075-561-2754        
 
Copyright 2017 Saigyo-an